霊園 東京

ここをチェックして東京の霊園を選ぼう

自宅からも近い東京都内で新しく自分の家を探しているという場合、思っていた以上に高額な費用が掛かることに驚いてしまう人も多いものです。しかし、屋外の墓地や霊園の敷地に墓石をたてるといった形式のお墓以外にも、今日ではさまざまな形や種類が用意されているので、予算的な負担も少なく便利に利用ができるお墓もあるので安心です。手頃な価格のお墓を見つけたいとなると、都内から離れた場所になってしまいがちであり、そうなればお墓参りに行くにも不便でなかなか行かなくなってしまうこともあります。毎年、少なくとも春と秋の彼岸やお盆にはお墓参りをしたいものですが、近くて便利なお墓であれば、故人の命日や誕生日など、年に何度も訪れることができるようにもなってきます。

東京都内でも便利な場所にある霊園

東京都内でも23区内や駅周辺の便利な場所となると、お墓を見かけることがない地域もあります。しかし、建物の中にお墓がある場合もあるので、気が付いていないケースもあります。室内のお墓でもある納骨堂は、もともと墓地が完成するまでなど一時的に利用されていたものですが、今日では長い期間でも利用することができる施設もあります。また、お墓の形に種類もあり、屋外のお墓のように墓石を建てることができる施設もあり、そこではお線香をたいたり墓石に水を上げることもできます。もう少し予算を抑えたいのであれば、仏壇のような形をしている仏壇式であったり、コインロッカーのような形をしたロッカー式となると、とてもリーズナブルな価格から利用ができて一人分としても利用ができます。

宗教にとらわれない東京都内の霊園

家のお墓は、代々受け継がれて家族みんなで入ることになりますが、違う宗教を信仰しているとなるとその墓地のお墓には入れないと考えている家族の人もいるものです。しかし、霊園となるとお寺ではなく民間で運営をしているために宗教に左右されることがないので、家族がそれぞれ違った宗教を信仰しているとしても、死んだ後もみんな揃って一つのお墓という家に入ることができます。死んだ後には自然の中にかえりたいと考えている人もおり、墓石という人工物の下に入ることには抵抗があるという人でも、樹木葬という新しい形のお墓も用意されています。樹木の下に遺骨を埋葬する方法となりますが、シンボルとなるような大きな木の下に区画分けをされていたり、区画分けされた場所に墓石の代わりとして新しく樹木を植えることができるなどの種類の選択もあります。

霊園 東京

東京で霊園を選ぶ時に知っておきたいこと

マイホームを探す際には事前の情報収集や現物の入念なチェックをするのが一般的ですが、人が亡くなった後の住まいとも言える霊園についても同様の目線に立って考えることが重要です。特に東京都内で新たに探す場合には、すでに都市開発が進んでしまって適当な場所に乏しいことを踏まえた上での行動が望まれます。一口に東京都内の霊園とは言っても、経営を誰が行っているかによって募集の条件や価格帯などが大幅に異なることがあるほか、建てられる墓地のタイプにも同様の違いが見られます。これらの違いをよく理解しながら、家族や親族で十分に話し合いを持つなどして譲れない条件をあらかじめピックアップした上で探すことが大切です。パンフレットを取り寄せたり現地を訪問するなどの地道な取り組みも役立ちます。

経営している主体の違いを考慮する

東京都内の霊園の中には宗教法人が経営しているもののほかにも、都営墓地やその他民間の法人が経営しているものがあります。これらの経営主体ごとのメリットとデメリットを比較検討しながら優先する条件に近いところを選択します。都営墓地は宗派を問わず価格帯も安いのが魅力ですが、年度ごとに定員の中での募集となるために抽選に漏れた場合を考慮しておいたほうがよいでしょう。既存の寺院なとの宗教法人の場合は、元から檀家となっている家庭はスムーズに手続きが進みますが、新規の場合は檀家として加入する手続きとともに特定の宗派に属していることが必須となるケースが多く見られます。その他の法人の場合は宗派を問わず価格帯も手ごろなケースは探せばあるものの、都心から遠く離れた立地のために将来的な管理面での不安が残ります。

複数のタイプを選択肢に含めておく

屋外に特定の家系のための土地を囲って墓石を造立するのが一般的な墓地のイメージですが、東京都内の霊園の場合は必ずしもその定義に当てはまらないケースも多くなっています。これは土地が不足していることとも関連しており、いずれも従来のイメージと大きくかけ離れていますが、心理的に抵抗がなれば新しいタイプも選択肢に含めて考えると作業がスムーズに進みます。最近では既に建てられている薄型の墓石の表札を差し替えて利用するタイプや、墓石を建てずに芝生のマウンド上の一区画を墓地として利用するタイプがあり、価格的にも従来は格安です。永代供養墓として完全に他人と同じ区画に合同で埋葬する場合もあります。他には寺院の敷地内にあるロッカーや厨子型の納骨堂に預けるタイプもあります。