霊園 東京

最近人気がある東京の霊園のポイント

家族などの親しい人が亡くなった場合にはお墓を建てて供養することになりますが、その前に建てる場所としての霊園探しをする必要に迫られます。人口が密集している東京都内の場合には、既に開発余地が限られていることから探す上でも事前にさまざまな情報を得てから行動することが大切です。同じ都内とはいっても都心やその近郊にあたるエリアからはじまり、西側の武蔵野台地や多摩丘陵に至るまで、場所によって条件は大きく異なります。都内の地価高騰を踏まえれば、予算についてもしっかりと基準を設定して基準内におさまることを目標にする必要もあります。逆に土地不足や予算への配慮から新しいコンセプトを打ち出した霊園づくりをしている宗教法人などもあり、一つの選択肢にこだわらずに探す姿勢も重要です。

人気がある都営墓地は抽選制が原則

昔から根強い人気を持っている都営墓地は、東京都内に継続して一定の期間にわたり住んでいるなどの条件を満たせば利用が可能で、しかも公営のために価格的にきわめて安価で特定宗派への所属などの制限事項が少ないことが魅力となっています。多様化するさまざまなニーズに対応するため、従来の区画割りされた土地を貸し付けるタイプのほかにも、郊外では芝生を敷き詰めた中に遺骨を埋葬するタイプや壁型の薄い墓標に家名を表示するタイプなどが登場済みです。ただし、人気が高いだけに利用の申し込みをしても必ずしも認められるとは限らないのが都営墓地のネックです。年度ごとの抽選によって定員の数だけの利用しか認められておらず、抽選に漏れてしまった場合には翌年度まで待つか他の民間の霊園を探す必要があります。

民間の場合は新しいタイプが注目される

寺院などの宗教法人やその他の公益法人が運営している東京都内の霊園の中にも、都営墓地に劣らず人気のものがあります。境内の土地を区画して特定の檀家に貸し付ける昔ながらのタイプも存在するのは確かですが、最近では宗派不問で価格的にも安価な新しいタイプが注目を集めています。多いのは合葬墓と呼ばれるタイプのもので、個別に墓標を建てずに他の人と敷地を共有して遺骨を埋葬し、寺院などが責任をもって永代にわたり供養することをコンセプトとしています。墓石の購入や敷地の造成などの初期費用のほかにも毎年の管理費が掛かるのが一般的な墓地の特徴ですが、合葬墓タイプはこれらの費用がほぼ不要な点も人気の理由です。ほかにもロッカータイプや遺骨の入った厨子を自動搬送するタイプの屋内施設も人気となっています。

霊園 東京

おすすめの東京の霊園の選び方とは

人口が多く地価も高い東京では、便利に暮らせる反面、霊園探しが大変な面があります。ビルの谷間にお墓が並んでいるところも少なくありませんが、いずれも古くからの墓地で、都心部で新規募集を行っている霊園はごくわずかとなっています。代わりに増えているのが都市型納骨堂と呼ばれる屋内型の墓苑で、主要駅から徒歩圏内にあり、一見納骨堂とは思えないようなオフィスビル風の外観など、全体的に現代感覚に馴染みやすい雰囲気となっています。郊外では自然の景観を生かした樹木葬区画や永代供養墓が増設されるようになっており、東京では埋葬や納骨の形式の違いとともに、アクセスが便利で全天候型の都市型か、広々とした敷地で自然にも親しめる郊外型のどちらかから選ぶといったムードも高まっています。

墓参のしやすさが魅力の都市型納骨堂

都心部では公営霊園の公募があっても大変な競争率で、東京では、便利な場所に通常タイプのお墓を建てることはかなり難しくなっています。アクセスの良さ優先で選ぶ場合、一般的なお墓よりも都市型納骨堂を選ぶほうが現実的な面があり、従来型の墓所区画に墓石を建てるタイプよりも費用がかなり抑えられる点も注目されています。多くの路線が乗り入れる主要駅から徒歩圏内にあり、高級マンションのようなエントランスを備えた施設もあります。ICカード等で納骨室を参拝スペースに呼び出して、個別にお参りすることができるようになっています。除草や掃除などの手間もなく、天候も気にすることなくお参りできることから、郊外への墓参が困難になった高齢の遺族が改葬先として選ぶケースも散見されます。

自然豊かな雰囲気が人気の郊外型施設

便利さが人気の都市型納骨堂ですが、やはり永眠の地は自然豊かな場所で静かに眠りたいと考えている人も多く、都心部からはややアクセスに時間がかかるものの、広々とした敷地と景観の良さを誇る郊外型の霊園も根強い人気を誇っています。新規募集があるところは民営施設が多くなっていますが、墓所区画が広々としていたり、バリアフリー化も進んでいるなど、墓参のしやすさに配慮してリニューアルした施設も増えています。樹木葬区画や永代供養墓なども増設され、予算に合わせて最適な墓所や埋葬方法が選べるようにもなっています。東京では墓地不足解消への対策が進んだことと、人々のお墓への意識が大きく変わったことで、かつて以上に選択肢が増え、ライフスタイルに合わせて、それにふさわしい永眠の地も探せるようになってきたと言えます。