東京で霊園を選ぶ時に知っておきたいこと

マイホームを探す際には事前の情報収集や現物の入念なチェックをするのが一般的ですが、人が亡くなった後の住まいとも言える霊園についても同様の目線に立って考えることが重要です。特に東京都内で新たに探す場合には、すでに都市開発が進んでしまって適当な場所に乏しいことを踏まえた上での行動が望まれます。一口に東京都内の霊園とは言っても、経営を誰が行っているかによって募集の条件や価格帯などが大幅に異なることがあるほか、建てられる墓地のタイプにも同様の違いが見られます。これらの違いをよく理解しながら、家族や親族で十分に話し合いを持つなどして譲れない条件をあらかじめピックアップした上で探すことが大切です。パンフレットを取り寄せたり現地を訪問するなどの地道な取り組みも役立ちます。

経営している主体の違いを考慮する

東京都内の霊園の中には宗教法人が経営しているもののほかにも、都営墓地やその他民間の法人が経営しているものがあります。これらの経営主体ごとのメリットとデメリットを比較検討しながら優先する条件に近いところを選択します。都営墓地は宗派を問わず価格帯も安いのが魅力ですが、年度ごとに定員の中での募集となるために抽選に漏れた場合を考慮しておいたほうがよいでしょう。既存の寺院なとの宗教法人の場合は、元から檀家となっている家庭はスムーズに手続きが進みますが、新規の場合は檀家として加入する手続きとともに特定の宗派に属していることが必須となるケースが多く見られます。その他の法人の場合は宗派を問わず価格帯も手ごろなケースは探せばあるものの、都心から遠く離れた立地のために将来的な管理面での不安が残ります。

複数のタイプを選択肢に含めておく

屋外に特定の家系のための土地を囲って墓石を造立するのが一般的な墓地のイメージですが、東京都内の霊園の場合は必ずしもその定義に当てはまらないケースも多くなっています。これは土地が不足していることとも関連しており、いずれも従来のイメージと大きくかけ離れていますが、心理的に抵抗がなれば新しいタイプも選択肢に含めて考えると作業がスムーズに進みます。最近では既に建てられている薄型の墓石の表札を差し替えて利用するタイプや、墓石を建てずに芝生のマウンド上の一区画を墓地として利用するタイプがあり、価格的にも従来は格安です。永代供養墓として完全に他人と同じ区画に合同で埋葬する場合もあります。他には寺院の敷地内にあるロッカーや厨子型の納骨堂に預けるタイプもあります。